RSS | ATOM | SEARCH
トランプVSバイデン アメリカの選択

 今月はちょうど4年に1度のアメリカ大統領選挙の時期なので、

そのことにとについて触れてみたいと思います。

 アメリカ共和党選出の現職トランプ大統領が再選となるか、

民主党選出のバイデン氏が新しい大統領として選ばれるか、

日本のメディアもその選挙戦を毎日のように報道しています。

 主な争点は、税金、移民問題、人工妊娠中絶・同性婚、

銃の規制についてなど多岐にわたります。

 その背後に宗教勢力の動きもあり、日本人に理解できる面と

理解に苦しむ面があるのがよくわかります。

 

 先日、とうとうトランプまで新型コロナウィルスに感染してしまい、

その後の病状について話題になったことは言うまでもありません。

 しかしわずか数日で退院して、選挙戦に乗り出し大勢の聴衆に

向かって、

俺は復活したよ!スーパーマンになった気分だよ!第一声を

放った姿には、本当にアメリカらしさを感じます。

 おそらく日本の選挙で候補者がそんなことを言ったら、大ブーイン

グだと思います。

 なぜアメリカは、大統領選に熱狂するのか。

 大きな理由として考えられるのは、「国の政治のリーダーを、

(実質的には)自分たちの投票で

決められることができる」という政治参加の手ごたえがあるようです。

author:ohishi-k, category:社長の一言, 10:12
comments(0), -, - -
Comment